このWebサイトでは閲覧者の利便性を高めるためにクッキーを利用しています。閲覧を続けることでクッキーの利用に同意したとみなします。詳細はこちら

ケーススタディ

PROMISE Vess A3340 製造工程 トレーサビリティ導入事例

背景

ブランド価値や顧客満足度は、その商品の性能や機能だけではなく品質が顧客の期待値に見合うことで醸成されてゆきます。特に日本では品質に対する顧客の期待値が高いため、その要求レベルに対応できるシステム構築が必要となってきます。しかしながら、価格競争力を高めるためには品質を維持しながら工数の削減や迅速な対応が求められます。

一方、ネットワークカメラを用いたデジタル方式によるビデオ監視システムの普及と発展により、従来のアナログカメラでは容易ではないビデオデータの集中管理やビデオデータへの素早いアクセス、画像解析などが可能となります。また、ネットワークカメラも高解像度や高感度化など鮮明な画像を撮影できるように進化してきています。不測の事態のための記録だけではなく、能動的な使い方がされるようになってきています。

課題

製造検査において瑕疵が見つかった場合、どの工程で発生したかを調査し対策を講じなければなりません。しかしながら作業工程をさかのぼって原因をみつけるためには膨大な時間を要します。安全性にかかわるような重大な問題の場合は、原因が特定されるまで製造ラインを止めることも考えなければなりません。そのために迅速で確実な追跡調査を行うことができるシステムが必要でした。

 

 

詳細なケーススタディをダウンロード


著作権©2023 PROMISE Technology Inc.無断複写・転載を禁ず。 / 利用規約 / 個人情報保護方針 / お問い合せ